FileVisor6 オンラインヘルプ

HomeTOPFileVisorの使い方各種設定動作環境の設定 › ファイル操作に関する設定

ファイル操作に関する設定

■ごみ箱を利用してファイル削除

この項目をチェックすると、削除されたファイルは自動的にごみ箱に格納されるようになりますから、 間違ってファイルを削除した場合にもファイルの復活が可能になります。
この機能はWindowsオペレーティングシステムの機能を利用します。

ごみ箱を使ってリパースポイントフォルダを削除すると、 リパースポイントにマウントされた実際のフォルダ内容まですべて削除されます。
ごみ箱はドライブの種類(フロッピー・MO・RAMドライブ・ネットワークドライブなど) によって利用できないドライブもあります。 この場合には、ファイルは単純に削除されてしまい、後から復活させることができません。

 

■頭文字の入力でファイル選択

ツリーリストおよびファイル一覧において、 キーボードからアルファベット1文字を入力すると、 その文字に一致する頭文字を持つフォルダ/ファイルに選択キャレットが移動する機能です。

FileVisorのデフォルト設定では、アルファベット文字にコマンド機能を割り当てていますので、 頭文字でのファイル選択は Shift+A~Zで機能するようになっています。 この項目をチェックすると、コマンド機能と頭文字選択が逆転し、 A~Zキーで頭文字選択、Shift+A~Zで コマンド機能が動作するようになります。

■コピー・移動はバックグラウンドで実行することを標準の動作とする

この設定をチェックすると、ファイルをコピー・移動する際、バックグラウンドで実行する 設定が標準の設定として定義され、問い合わせ確認ウィンドウにある「バックグラウンドで実行する」に 自動的にチェックが入るようになります。

■ファイルがドロップされたとき、コピー・移動の確認をしない

ツリーやファイルペイン、ドライブバーにドラッグ&ドロップでファイルオブジェクトが ドロップされた場合、通常はコピー・移動をおこなうかどうかを問い合わせるメッセージが表示されます。
しかしこの設定にチェックを入れることで、それらの確認メッセージを表示することなく即時コピー・移動の 処理がおこなわれるようになります。

この設定をおこなった場合、処理をバックグラウンドでおこなうかどうかの指定ができないため、 ファイル処理は上記「コピー・移動はバックグラウンドで実行することを標準の動作とする」の設定が適用されて 実行されます。

■クリックの取り扱い

ファイルペインで、ファイルオブジェクトを選択および開く際の動作を定義します。

Shiftキー+(ダブルクリックまたはEnterキー)で

■右ボタンクリックの取り扱い

ファイルペインで、マウスの右ボタンをクリックした場合の動作を定義します。

■中央ボタンクリックの取り扱い

ファイルペインで、マウスの中央ボタンをクリックした場合の動作を定義します。

この設定をチェックすると、3ボタンマウスを利用している場合、 マウスの中央ボタンをクリックすることで、ファイルを個別に選択できるようになります。
Ctrlキーを押下しながら左ボタンをクリックすることと同等)

 

Copyright © 1994-2007 LightShip Software All rights reserved.